熟年離婚をしてからの生活

60さいになるまで、旦那とは結婚生活をつづけておりました。わたしたち夫婦には、ふたりの子供がおります。娘と、息子です。もう、ふたりとも、30代です。

旦那とは、いままで何度か、離婚したいなとかんじたことがございましたが、旦那が会社を退職してから、毎日、横に旦那が一日中、家にいる生活のなかで、徐々に、いままでやりすごせていたことが、やりすごせなくなりました。子供たちのためにいままで我慢していたのですから。

熟年離婚というものを、経験いたしました。トラブルなどは、予想以上になかったため、すんなりいきました。

マンションを購入していたのですが、話しあいの結果、旦那が、家を出ていくことになりました。いまは、同じ市内ですが、はなれた場所にいます。

電車をのりつがないと、いけない場所です。わたしは、娘とふたりきりで、現在、生活をしております。娘は、正社員として、働いているため、まったく、手はかかっておりません。

おたがい、この年齢だからこそ、よかったのかもしれません。娘との二人生活ですが、たのしい毎日をおくっております。最近では、友人のように、ふたりでよく買い物をしにでかけます。洋服をみにいっては、よくアドバイスをしてくれます。

娘のような、友人のような、ふしぎな存在です。休みにおたがい、はいるので、娘とふたりで、韓国に旅行にいこうとおもっております。垢擦りをしたり、韓国料理をたべたり、たのしみたいです。